ソーシャルメディアで共有する

ミサイル防衛(Missile Defense: MD)

2017/08/04 投稿

外務省ホームページより引用(アドレスはhttp://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/gun_hakusho/2004/pdfs/yougo.pdf#search='%E5%A4%96%E5%8B%99%E7%9C%81+%E7%94%A8%E8%AA%9E%E8%A7%A3%E8%AA%AC%E9%9B%86')

引用 「米国が推進している、弾道ミサイルによる攻撃に対してミサイルや レーザー兵器等で迎撃して防御する兵器システム、もしくはその概念。本来は米国(現ブッシュ政権)における名称であるが、他国の同様な システム等の一般的な呼称にも使われるようになってきている。また、一般的な呼称としては「弾道ミサイル防衛(Ballistic Missile Defense: BMD)」ともいう。

なお米国におけるこの構想は、レーガン政権(1981~1989)の「戦略防衛構想(Strategic Defense Initiative: SDI) 」を端緒として、その後、前ブッシュ政権(1989-1993)の「限定的弾道ミサイルに対するグローバル防衛」(Global Protection Against Limited Strikes: GPALS) クリントン政権(1993~2001)の「国家ミサイル防衛(National Missile Defense: NMD)」及び「戦域ミサイル防衛(Theater Missile Defense: TMD)」、そして現ブッシュ政権(2001~)の「ミサイル防衛(MD)」と変遷してきている。 米国は、大量破壊兵器等で武装したテロリスト等がもたらし得る破局的な危害から米国民を防護する諸政策の一環として、2002年12月、2004年から2005年までのミサイル防衛の初期配備を決定した。

日本は、大量破壊兵器、弾道ミサイル等の拡散が国際社会が直面する攻撃に対して国民の声明・財産を守るために純枠に防御的な、かつ、 他に代替手段のない唯一の手段であり、専守防衛を宗とする日本の防衛政策にふさわしいものであり、日本としても技術的な実現可能性が高いと判断し、2003年丨2月、弾道ミサイル防衛(BMD)システム(イージスBMDシステムとぺトリオットPAC-3による多層防衛システム)の整備を決定した。」

40842761